日本政府肝いり!「ソサエティ5.0」を知っていますか?

BAISOKUです。

さて、今回は「ソサエティ5.0」についてです。

皆様はご存知でしょうか?
実はこれ、日本政府がつくった言葉なのです。
政府が策定した「第5期科学技術基本計画」の中で用いられており、
アベノミクス第三の矢「成長戦略」において重要な役割を担っている政策です。


サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させた
システムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、
人間中心の社会(Society)

狩猟社会(Society 1.0)
農耕社会(Society 2.0)
工業社会(Society 3.0)
情報社会(Society 4.0)

に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。
(内閣府HPより)


BAISOKUは、これまで「AIが来るぞ、来るぞ」と言ってきましたが、
政府の方針として、すでに生活のなかに「AIありき」で考えられている、
ということです。

これまで永らく提唱してきた「IT武器化」を一足飛びに抜かして
「AI化」の波が来るのではと、予測しています。

政府もかなり本腰を入れているようなので、
これから法律や制度も大きく変わっていくでしょう。
つまり、社会システムそのものが変革していく、ということです。

社会が変わればビジネスも変わる。働き方も変わる。
その変化に企業としてどう順応していくか、準備・イメージはできていますか?

あなたの会社はどの分野でSociety5.0に参画しますか?

IoT、ロボット、人工知能(AI)、ビッグデータといった社会の在り方に
影響を及ぼす新たな技術の進展が進んできており、我が国は、
課題先進国として、これら先端技術をあらゆる産業や社会生活に取り入れ、
経済発展と社会的課題の解決を両立していく
新たな社会であるSociety 5.0の実現を目指しています。
(内閣府HPより・上記画像も)


つまり、「先端技術をあらゆる産業に取り入れ」ということは、
企業も、いやおうなしに、先端技術を使う、または開発する、
またはつながる、など、なんらかのかかわりを
持たなければならなくなる、ということです。

ぜひ、来るソサエティ5.0に向かって、
自社の強みを展開するイメージをしてください。
「そうは言ってもどうしていいかわからない」場合は
BAISOKUにご連絡ください。
ともに考えます!

ちょっとまだよくわからない、という人は、政府広報作成の、
たいへんわかりやすい動画がありますのでご覧ください。
https://www.gov-online.go.jp/cam/s5/#specialmovieModal


「速い」「安い」「うまい」を信条とし、導入しやすいスモールスタートで、
業務を整理し、効率化、生産性向上をクリアしながら、さらに売上拡大へとつなげる、
AI機能の搭載、また他社のAPIと連携することも可能です。
検討するにあたり、誰かに聞いてみたい…まずは弊社にご相談ください。
お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。

「~低コストですぐ実現する~『IT武器化入門』セミナー」
を開催しています。(毎週木曜日)

午前の部 11:00-12:30
午後の部 18:00-19:30
お申込みはこちらからどうぞ!